ruby on rails 環境構築のメモ

Command Line Tools for Xcodeのインストールが最初に必要らしい。

Downloads for Apple Developers←でmacのosに合うものを選んでインストール。

次に、Homebrewのインストールが必要との事。

OS X用パッケージマネージャーのインストール
→ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”
をターミナルに打ち込む。

もし以下のような画面が出たら、URLが変わってしまっているみたいなので、

</pre>
<pre>curl: (22) The requested URL returned error: 400
-bash: $: command not found

こちらから正しいURLを取得。

 

もしちゃんと進めば以下のような画面がでる。



==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/Library/...
/usr/local/share/man/man1/brew.1

その後enterでじゃんじゃん進む。

もし上記のCommand Line Tools for Xcodeをインストールしていなかったら以下のような画面が出ます。


Install the Command Line Tools for Xcode: https://developer.apple.com/downloads
Run `brew doctor` before you install anything
Run `brew help` to get started

そしたら、ここに記載されている通り、


brew help

やら


brew doctor

をターミナルに打ち込むとbrewのインストールが完了します。

確認のために


brew -v

と入力してみて、brewのバージョンが表示されればインストールがされています。

brewのインストールが終わったらその次に、諸々必要なものをインストールします。


brew install git readline openssl ruby-build rbenv

これをターミナルにコピペします。

その次にいよいよrubyのインストール。


rbenv install -l

こちらをターミナルに打ち込むと、rubyのバージョン情報の一覧が出てくるので、
最新のものを選んでインストールします。


2.1.5
 2.2.0-dev
 2.2.0-preview1
 2.2.0-preview2
 2.2.0-rc1
 2.2.0
 2.2.1

こんな感じのがずらっと出てくると思います。

で、最新のバージョンをコピーしてターミナルにちょこっと足して張りつけ

rbenv install 2.2.1

すると、こんな感じの画面になります。


Downloading ruby-2.2.1.tar.gz...
-> http://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/5a4de38068eca8919cb087d338c0c2e3d72c9382c804fb27ab746e6c7819ab28
Installing ruby-2.2.1...
Installed ruby-2.2.1 to /Users/ryoma/.rbenv/versions/2.2.1

これでインストールが完了ですが、一応


ruby -v

を入力してバージョン情報を確認。ちゃんと表示されればOK。

そしていよいよrailsのインストールです。


sudo gem install rails

をターミナルに入力して実行。パスワードを求められたら入力します。
その後ひたすらインストールが行われます。


Successfully installed bundler-1.9.1
Successfully installed rails-4.2.1
Parsing documentation for bundler-1.9.1
Parsing documentation for rails-4.2.1

的な画面が出ればインストールOKかとは思いますが、
一応


rails ­-v

を押してバージョン情報を確認。

もし以下のような画面になったらちゃんとインストールが完了していません。。



Rails is not currently installed on this system. To get the latest version, simply type:

$ sudo gem install rails

You can then rerun your "rails" command.

 

そのままインストールされたていで無理矢理にでもrailsのプロジェクト作成に移行しても良いですが、僕みたいに後ほど苦戦する事になります。

 

僕の場合は無理矢理進めてしまったので、その流れを記載したいと思います。。



rails new myapp

でrailsアプリの作成。

 

すると



Errno::EACCES: Permission denied @ dir_s_mkdir - /Users/ryoma/.rbenv/versions/2.2.1/lib/ruby/gems/2.2.0/extensions/x86_64-darwin-12/2.2.0-static/json-1.8.2
An error occurred while installing json (1.8.2), and Bundler cannot continue.
Make sure that `gem install json -v '1.8.2'` succeeds before bundling.
 run bundle exec spring binstub --all
bundler: command not found: spring
Install missing gem executables with `bundle install`

こんな感じのエラーが表示されます。

なので、



gem install json -v '1.8.2'

を入力してあげれば良いのですが、それだと



Building native extensions. This could take a while...
ERROR: While executing gem ... (Errno::EACCES)
 Permission denied @ dir_s_mkdir - /Users/ryoma/.rbenv/versions/2.2.1/lib/ruby/gems/2.2.0/extensions/x86_64-darwin-12/2.2.0-static/json-1.8.2

再びパーミッションエラーとなります。権限を付与させてあげればいいので、上記のgem install json -v ‘1.8.2’の頭にsudoをつけて再度入力します。

すると、



Building native extensions. This could take a while...
Successfully installed json-1.8.2
Parsing documentation for json-1.8.2
Done installing documentation for json after 1 seconds
1 gem installed


インストールが完了します。

 

そして再度、railsアプリの作成を行う

rails new myapp

すると、さっき途中までインストールが完了しているファイルを上書きするかどうか聞かれるのでyesと答えます。

Overwrite /Users/ryoma/myapp/config/secrets.yml? (enter "h" for help) [Ynaqdh] h
 Y - yes, overwrite
 n - no, do not overwrite
 a - all, overwrite this and all others
 q - quit, abort
 d - diff, show the differences between the old and the new
 h - help, show this help

 

 

 

これで行けるかと思いきや、再びエラー画面。

Errno::EACCES: Permission denied @ dir_s_mkdir - /Users/ryoma/.rbenv/versions/2.2.1/lib/ruby/gems/2.2.0/extensions/x86_64-darwin-12/2.2.0-static/debug_inspector-0.0.2
An error occurred while installing debug_inspector (0.0.2), and Bundler cannot
continue.
Make sure that `gem install debug_inspector -v '0.0.2'` succeeds before
bundling.
 run bundle exec spring binstub --all
bundler: command not found: spring
Install missing gem executables with `bundle install`

 

さっきの要領で足りないgemをインストールします。

そして、再びrailsアプリの作成コマンドを入力。。

という流れを何度か繰り返していると、

ようやくプロジェクトの作成が完了しました!

Bundle complete! 12 Gemfile dependencies, 55 gems now installed.
Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.
 run bundle exec spring binstub --all
* bin/rake: spring inserted
* bin/rails: spring inserted

 

 

長かった。。

 

あとで気付いたけど、

sudo gem update

でgemを一通りアップデートしてたらもっと楽に出来たのかもと思ったり思わなかったりしています。。

 

MountainLionへの初めてのrails環境構築でした。。